TOP - お腹が冷えると腹痛や下痢になる原因と対処


冷やすのがなぜ悪いか

電車内で冷房が効きすぎているせいでお腹が冷えて痛くなってくる
という経験をした人も多いと思います。

冷えるとお腹が痛くなる原因は、内臓の機能に関わっています。
食べたものなどはお腹の中にある内臓で消化、吸収を行っていますが、
その内臓は温度の変化に敏感で、温度が下がると機能が低下してしまう
という特徴があります。

そのため冷えると消化不良をおこし、下痢のような状態になりやすい
というわけです。

しかし寒くても内臓さえ冷やさなければ急激な腹痛にはならないので、
対処として腹巻や腹部だけにカイロをつけたり部分的にさすったり
することで予防することができます。

これらは特に食後など胃に食べ物がたくさん入っている状態では気を
つけたほうがいいでしょう。
また急激に冷たいものを飲んだ時もなりやすいので注意してください。

腹痛の原因 下痢 子供の腹痛
便秘 腸炎
寄生虫など 腹痛の部位 心因性、ストレス
食後の腹痛 腎臓炎