腹痛と病気の関連TOP-急な腹痛の対策、改善


急な腹痛というのはみなさん経験された事があると思います。
それが家にいるときとか、休み時間とかならトイレへかけ込めば大抵改善されるのですが、
そんな時ばかりではないと思います。

会議中、電車の中でなど、そんな場合に少しでも対策のお役にたてればと思い下記の項目をあげさせていただきます。

1.ベルトを弱める、はずす

お腹を壊しやすい体質の人は、腹部の圧迫が腹痛につながりやすくなっています。
普段はなんともないとしても痛いときはベルトをはずすか弱めるかしてみてください。
精神的にも結構楽になると思います。

この時の注意点として指をズボンに入れて隙間を作ろうとするのはやめたほうがいいです。
全体的には圧迫度が強まってさらに悪化する可能性があるからです。

2.腹部をさする

これはおまじないではなくお腹をあっためることに効果があります。
さする以外にもあっためることができるならなんでも腹痛改善効果が期待できます。

それは、冷えると内臓の働きが悪くなり消化不良になるためで、温めることで改善されて
楽になっていく場合が多いためです。

3・つぼをおす

つぼのなかでも親指と人差し指の間にあるつぼは腹痛に効くといわれているうえ、どこでも手軽に
指圧できますので試してみてくださいね。

4・薬を飲む

下痢止めの薬が市販でも買えますので、いざというときのために持っておくと気持ち的にも
楽になります。

ただし薬を使うと便を無理やり止めることになるため、あまり体にはよくないです。
使用は我慢ができない場合のみにしましょう。

 
原因 下痢 子供の腹痛
便秘 腸炎
寄生虫など 腹痛の部位 心因性、ストレス
食後の腹痛 冷え 腎臓