子供の便秘、腹痛、嘔吐の原因


子供の便秘と腹痛

子供は急な腹痛になる事が多いです。
ただし自分の口で腹痛を訴えられるのは早くても2歳以降ですので、それ以前は態度から
察知しないといけません。
具体的にはミルクをあげても飲まないし、オムツが濡れているわけでもない、お腹を触ると嫌がる、
こんなときは腹痛の可能性があります。
すぐに病院で見てもらいましょう。

また小学生以降の子供での原因不明の腹痛はストレスによる可能性も高いため
慢性的にお腹が痛いという子供には最近便通はどうか聞いてみる、お腹をやさしく
触ってみて張っていないかなど見てあげてください。

お腹が張っている場合などは便秘によるものが考えられますが、子供、特に男の子は
小学生くらいの時は学校で大のトイレをする事を極端に嫌うという統計があります。
そのため、食事やストレスなどの原因がなくてもしらずの内に便秘になっているという
事もあります、気をつけてあげてくださいね。
子どもの胃・十二指腸潰瘍は「心の病」として注目を集めています、なにか悩みがある、
などは病院では治せないことなので、親がしっかりしてあげないといけません。

また感染力の強いノロウイルスでも腹痛になることが多いです。
その場合気をつけなければいけないのは看病者にうつらないように注意することですね
甘くみずに頻繁な消毒を心掛けましょう。

あと子供のうちはまだ腸内環境が整っていない事が原因で便秘や腹痛になりやすいというのも
あります。
これは個人差もあるため子供には無理をしないでお腹が痛くなったらすぐに言うように
してもらいます。
また、嘔吐を伴う場合には食中毒、または何か食べ物にアレルギーがある場合もあるため
食事についても注意深く見てあげましょう。

原因 下痢 子供の腹痛
便秘 腸炎
食後 腹痛の部位 心因性、ストレス
急な腹痛の対策、改善 寄生虫
TOP